売掛金回収の注意点

売掛金回収の注意点
経営者にとって、頭の痛い事項の一つに売掛金の未回収があります。

売掛金を未回収にしないためには、「あやしい」企業とつきあわない事が最も重要なのですが、売掛金が発生してしまう前にできることはやっておいた方がいいと思います。

商業登記簿で相手を確認する

取引開始前に相手の会社の商業登記簿を確認することをおすすめします。

※商業登記簿
商号・目的・資本金・会社設立年月日や会社役員などを開示して、取引の安全を図るものです。
いつ、誰でも商業登記簿を見ることができます。

登記簿をみた時にチェックポイント

  • 会社の実態らしきものはあるけれども、商業登記簿にその存在が見あたらない
  • 本店所在地と登記簿が異なる
    商業登記簿を見ると、確かに相手の会社は実在しているが、相手の会社の本店所在地と商業登記簿上の本店所在地が異なる場合
  • 社名
    商業登記簿にはその会社の「商号」が載っています。商業登記簿の商号欄を見て、取引直前に商号が変更されていたり、短期間の間に商号が何度も変更されている場合は、要注意です。

この点が取引前のチェックポイントかと思いますが、本題のいざ回収する際の注意点とは何でしょうか?
参考にしてみてください。

  1. 相手は得意先である
    今後も良好な関係を維持していくために、相手を傷つけるような失礼な言動がないように気をつけた方がいいと思います。
  2. 交渉の相手
    経理部あるいは経理課がある場合には、担当者にまず話をします。
    しかし、進展しないときは、やはり社長または実権を握っている人に直接話をする。
  3. 何の代金が未収になっているのか、明細を把握しておく
    相手から「何の代金で、いつ分なのか」と質問されて即答できるようにしておきましょう。
  4. 目的をはっきりと告げる
    「お支払いの件でお電話しました」などと目的をはっきり告げることが大切です。
  5. 理由をまず聞く
    理由も確認せず、ただ「払ってください」では、なかなか回収につながりません。
  6. 相手の言い分を聞く
    相手の話の途中で言い訳をしたり、こちらの主張を一方的に言い張るのは避けるべきです。
  7. 対応をすばやく
    「すぐ払います」と言ってくれるのだが、一部しか支払ってくれないときは次のような対応がいいかもしれません。
    支払日を相手に明言させる
    こちらから支払日を指定し、相手の同意を得る。
    同時に、金額についてもはっきりと示すことも必要です。

時には上司など別の人が督促することも一つの方法です。

  • サービス内容と料金
  • メールでの相談申込み

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問い合わせ

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
電話メールどちらでもよい
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望:午前午後
第2希望:午前午後
第3希望:午前午後
相談内容

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信ボタンを押してください。

 この内容で送信する

このフィールドは空のままにしてください。