貸し倒れリスク対策

回収できるのか

貸し倒れリスク対策
いくら売上げても回収できなければ意味がありません。
取引先から、最終的に売掛金を回収できるのか、できないような恐れがあるなら考えるべきです。

仕事をすれば、人件費、材料費なども発生します。入金まで自社で負担することになるため、自己資金が苦しくなる元となります。
目先の売上を、追っては行けません。回収してこその売上です。

新たな設備投資にしても、回収できるのかを最優先にしましょう。

先々不透明な取引先には、徐々に、取引を減らす

先々不透明な取引先には、取引を徐々に減らすことも重要でしょう。
もしもの時の損失を考えると、 取引量を減らしてでも、自己防衛する事も大切です。

現金取引を増やすこと

現金取引を増やすことは非常に貸倒れリスク対策としては重要です。
現金取引の利点としては、

  1. 手元資金が増えるため、自己の資金繰りがよくなる。
  2. 貸し倒れのリスクを減らすことが出来るので、連鎖倒産を回避できる。
  3. 手形を割ってもらう必要がないので、手形売却損がなくなり利益率が高まる。

売上より、利益率です。
利益率が高ければ、貸し倒れたときの損も少なくてすみます。

時効の期間には、気をつける

また後から述べますが消滅時効には注意して下さい。
売掛金が2年、商行為による債権は5年で消滅時効にかかります。
  • サービス内容と料金
  • メールでの相談申込み

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問い合わせ

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
電話メールどちらでもよい
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望:午前午後
第2希望:午前午後
第3希望:午前午後
相談内容

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信ボタンを押してください。

 この内容で送信する

このフィールドは空のままにしてください。