動物病院での治療費

動物病院での治療費
経営環境の好転を期待するのが難しい我が国の経済状態に加え、
1999年から2003年のペットブームに生まれ、後期高齢者となったペットたちを見送る時期を迎え、
動物病院・ペット病院の業界は、今のままでは業界自体は萎縮していく状況であるのかも知れません。

しかし、動物病院・ペット病院には、社会の複雑化と高度化が裏付ける根強いニーズがあることは否定できず、環境の変化に対応し、差別化によって、売り上げをアップしていくことは十分に可能であるとも言われております。

ただ、忘れていけないことは、
専門的医療サービスを提供した以上、
治療費の支払を現実に受けなければならないという債権回収の観点です。

もっとも、債権の中でも売掛金や請負代金などは、深追いしてはいけません。
不況の影響などで、対象となる会社の経営状態が悪化し、相手方に支払い能力がないこともあるからです。
債権回収においても、対費用効果は徹底して考慮しなければなりません。

しかし、不況の影響が比較的薄いと考えられる債権もあります。
動物病院・ペット病院の診療債権もこれにあたるもので、美容外科や審美歯科の治療といった自費診療・保険外診療と同様に、患者側に支払い能力があるのに「払わない」という例がとても多いのです。

債権回収に万能な方法はありません。事例に応じて個別に吟味する必要があります。債権の種類に応じて適切な回収方法を選択することが肝心です。

そして、今まで面倒なのであきらめていたものであっても、支払い能力があるのに「払わない」債務者に対しては、適切な時期に、段階に応じた適切な回収方策をとれば、診療債権をかなりの確率で回収が期待できるはずです。

前田尚一法律事務所は、特定の状況を観察して問題点を的確に把握したうえ法律を駆使した仕組みを作ることを得意としています。
まずは、既に滞納された診療債権の取扱いについてご相談いただければ、当事務所は、その債権の回収についての弁護士費用は、着手金は無料、0円でお受けし、
成功報酬は回収額に応じていただく
ことをお約束するとともに、
予防、戦略的観点から、
診療債権が延滞化したり、焦げ付かせない仕組みづくり
ご提案できるはずです。

まずは、既に滞納が現実化した診療債権の回収について、すぐにお電話またはメールをされ、当法律事務所の無料相談をご利用ください。

  • サービス内容と料金
  • メールでの相談申込み

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問い合わせ

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
 電話 メール どちらでもよい
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信ボタンを押してください。

 この内容で送信する