弁護士が債権回収するメリット

(1)交渉を有利に進められる可能性がある

弁護士が債権回収するメリット
内容証明と言えば行政書士を頭に浮かべる方もいるかと思います。しかし、行政書士は基本的には書類を作成して送るだけですので、相手と交渉をしたり裁判をしたりすることはできません。
そのため、弁護士が代理人となって内容証明を送る事で、まさか弁護士から連絡がくるとは思っていなかったと圧力に感じ、債務者が弁済に応じるケースも数多くあります。

取引先が倒産する場合、債権回収は時間との勝負になります。

できる限り早く回収しなければ、他の債権者に債務者の財産を持って行かれてしまうことも十分にあり得ますので、弁護士に委任して迅速に交渉を進めることをお勧めいたします。

(2)現況にあった適切な法的手続がとれる

債権回収もあらゆるケースが考えられるため、通用するベストの方法はこれだという決まったものはなく、ケースバイケースで手段を模索することになります。

弁護士の名前つきの内容証明を送付するだけで、支払いが行われ、取引がスムーズに行くこともありますし、逆にそのことが原因となって今後の取引が途絶えてしまうかもしれません。

このように相手の反応も都度変わってくるため、弁護士の最大にメリットともいえる幅広い対応にて、どの方法がもっとも適切なのかという判断が可能となり、全体的にみて適切な法的手続を採ることが可能になります。

(3)強制執行が可能

内容証明を送ったり、調停を申立てたりあらゆる対策を講じてきたが、うまくいかない場合は、最終的に訴訟を提起することになります。

債権者に有利な証拠を収集し、整理した上で債権者の主張を説得的に行うための書面を作成するといった業務から、勝訴した場合、強制執行手続をしなければならず業務が多岐にわたります、そのため弁護士に依頼することで一回でまとめての対応が出来るのです。

  • サービス内容と料金
  • メールでの相談申込み

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問い合わせ

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
 電話 メール どちらでもよい
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信ボタンを押してください。

 この内容で送信する