建物明渡・立退明渡

建物明渡・立退明渡
家賃・管理費を滞納する賃借人につきましては、賃貸借契約の解除を行い、その後建物から立ち退かない賃借人に対しては建物明渡請求を行うことができます。

建物明渡請求とは、家賃の長期滞納者に対して建物賃貸借契約を解除し、建物の明渡を求めるものとなります。
これを行わずに勝手に錠前を替えて部屋に入れなくしたり、強制的に追い出したりすることは」違法になりますので、賃借人から物件を返還してもらうには建物明渡請求を行ってください。

賃貸借契約の解除

賃料の不払いを原因として賃貸借契約を解除するためには、賃貸人と賃借人との間の信頼関係の破壊が起こるような契約違反がなければなりません。
一般的には3か月以上の不払いが信頼関係の破壊が起こるとされています。
また、賃貸借契約を解除するには賃貸人に対し期間を定めて支払の催告をし、それに応じなかった場合となります。

建物明渡請求

上記の手続きにより賃貸借契約を解除したにも関わらず賃借人が立ち退かず、不法占拠を続けている場合は、建物明渡請求訴訟を起こす事が可能です。

立ち退きに関しては話し合いで解決することもありますが、賃貸借契約を解除された賃借人は引っ越し費用などを用意できずになかなか立ち退かない場合があります。

この様な場合には訴訟により強制執行を申し立て、強制的に建物を明け渡してもらう必要があります。

  • サービス内容と料金
  • メールでの相談申込み

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問い合わせ

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
 電話 メール どちらでもよい
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信ボタンを押してください。

 この内容で送信する