債権回収時に必要なもの

債権回収時に必要なもの
債権を回収するにあたり、個人・法人それぞれで必要な書類などがあります。
なかなか支払ってくれない相手に強制執行をするためには、債務名義という書面が必要です。

債務名義とは判決、裁判所の和解調書、調停調書、支払督促、公証人の作成した公正証書などのことをいいます。しかし、判決や支払督促は、確定したもの、もしくは仮執行宣言のついたものでなければなりません。

それでは、債務名義の取得に必要なものと強制執行に必要なものを見てみましょう。

債務名義を取得する場合

  • ご本人様と確認できる書類
    …運転免許証・健康保険証・住民票など
  • 債務者の情報
    …【個人の場合】住所・氏名。
    …【法人の場合】商号・本店所在地等、債務者を特定できる情報。
  • 債権を確認できるもの
    …契約書・借入書等、契約時に債務者と取り交わした書面
    もし保証人がいる場合は、保証人と取り交わした保証契約書等
  • 念書・承諾書等、契約後に債務者と取り交わした書面
    …契約自体は契約書がなくても成立します。しかし、成立したことを主張するためには、契約書がある場合の方が、少ない証拠で進めることが出来ます。
  • 証拠書類
    ∟契約時の証拠
    …債務者への出金履歴のある預金通帳・債務者への振込明細書・債務者の受領証等
    ∟契約後の証拠
    …ご自分で出された督促状・送信したメール等
    事案によっては、別途書類等が必要な場合もございます。

強制執行を行う場合

  • 債務者の財産が分かるもの

不動産…所在地が分かるもの
債権 …債権の存在・内容・第三債務者(債務者に支払うべき人)が分かるもの
預金 …債務者が口座を開設している銀行名・支店名が分かるもの
給与 …債務者の勤務先と勤務先の住所
株式 …債務者が利用している証券会社と、銘柄

などが必要となります。

すでに債務名義をとっていた場合には

  • 債務名義(判決・口頭弁論調書・公正証書等)
  • サービス内容と料金
  • メールでの相談申込み

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ご相談お申し込み・お問い合わせ

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
 電話 メール どちらでもよい
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信ボタンを押してください。

 この内容で送信する